2017年 06月 11日 ( 2 )

飛騨牛最高‼️

e0107171_16342516.jpg

飛騨高山にやって来ました‼️

さぁ〜ここに来たら目的は決まっています。

e0107171_16342527.jpg

昨日とは、うって変わっての快晴です !

e0107171_16342631.jpg

陣屋前でお団子買って。。。。。お写真忘れました。

写真より食い気がうわまってます。

そして。。。。。美味しい握り寿司は見逃せません。

両脇に握り寿司の看板があります。

e0107171_16342746.jpg

飛騨牛にぎり寿司‼️

並ばせて頂きます。

道向こうは。。。。。

e0107171_16342848.jpg

娘が並びます‼️

息子は飛騨牛の串焼き求めて走る。

e0107171_16342932.jpg

AとBをチョイス。

さっぱり赤身で頂きます。

e0107171_16342994.jpg

お煎餅をお皿に見立てて

にぎり寿司を考案したお店だそうです。

e0107171_16343001.jpg

飛騨牛のにぎり寿司

ワサビ食べれないお子ちゃま息子の為に

1カンはワサビ抜きで注文。

e0107171_16343182.jpg

霜降りの甘い飛騨牛。

奥はプレミアム〜大トロのような味わいの1品。

白髪ねぎとワサビで頂きます。

手前は塩で頂く飛騨牛のにぎり寿司。

e0107171_16372503.jpg
飛騨牛の串焼き

柔らかくて美味しかったです。。。。。

でも道向こうのお煎餅やさんで試食をしてるうちに

食べてしまってて。。。。。食べ掛けだったのでお写真無いです。


e0107171_16452986.jpg

高山市政記念館を眺めながら〜

モクモク。。。。。。

e0107171_16485641.jpg

はちみつソフト

e0107171_16493014.jpg

飛騨牛コロッケを食べる。

e0107171_16522299.jpg

街並みを散策しながら、カロリー消費に励む???

e0107171_16535742.jpg

いいよなぁ〜人力車

e0107171_16552821.jpg

高山陣屋

ここから高山グリーンホテルまで歩きます。

お次はランチバイキングです。








by 19675y | 2017-06-11 14:18 | 旅行 | Comments(0)
e0107171_23301689.jpg

★6/9金曜日のランチ
 塩焼鯖&海老フライ・水ぶきとジャガイモの煮物・野菜サラダ・麻婆豆腐
 たらこマカロニ・漬物・味噌汁・ご飯 


162.png 塩焼鯖&海老フライ


e0107171_23315047.jpg

塩鯖をこんがりと焼いて。。。。。

焼き立て美味しそう!!

海老は若干・・・小さいですが2尾お付けいたしました。

タルタルソースを添えて。自家製のブロッコリーの胡麻和えも。


 162.png 水ぶきとジャガイモの煮物


e0107171_23320082.jpg

水ぶきを茹でて、4㎝幅にカット。

ジャガイモ、加賀揚げ、鰊を入れて煮込みました。

柔らかくて歯ごたえもよくて美味しいです。

この時期にだけ食べられる旬の1品です。


 162.png 野菜サラダ


e0107171_23323755.jpg

自家製のサニーレタスやサンチュ、胡瓜、紫玉葱。

トマトはさすがにまだ取れないです。。。青い状態です。


e0107171_23463497.jpg

これミディトマトだと思うんだけど、まだまだ青いです。

赤くなり始めるとカラスとの戦いです。

皆様のお口に入るまでにはかなりの努力が105.png 


162.png 麻婆豆腐


e0107171_23321730.jpg
ニンニク、生姜、豆板醤、甜麺醤、醤油、酒、砂糖、中華だし、出汁つゆ。

葱、豚ひき肉。

とろぉ~~り、ピリ辛な麻婆豆腐美味しいです!!

お豆腐は、つるルン、柔らかな絹こし使用 


162.png たらこマカロニ

e0107171_23322875.jpg

フライパンにオリーブオイルを入れて、新玉葱炒めます。

玉葱が透き通ってきたら、茹でたマカロニを入れて炒めます。

たらこの皮を省き、パスタに入れてよく混ざるように炒めます。

仕上げに茹でたスナップエンドウを混ぜ合わせます。


 





★ブログランキングに参加しています。

★応援ポチッ!よろしくお願いします。

ファイブスタイル ブログランキング★こっちも、ポチッ!お願いします。


にほんブログ村

by 19675y | 2017-06-11 00:01 | お店のランチ | Comments(2)

趣味の料理日記


by マリリン